顔や体のラインをボトックス治療でスリム化【主な人気の理由】

治療の準備と予約のやり方

診察

注射で改善できる仕組み

自由診療のボトックス注射も、美容外科によっては保険証の提示が求められるため、予め準備しておくと良いでしょう。もしも健康保険証がない場合は、住所を確認できる身分証が必要なケースもありますから、前もって確認しておくと安心です。また、予約時刻の何分前までに来院すれば良いのかも、合わせて確かめておけば当日がスムーズになります。そして初診なら、当日の受付後に問診票の記入も必要なため、治療目的や、ボトックス注射に希望することなどを事前にまとめておくと便利です。カウンセリングや診察では問診票を基に進行しますから、正しく書けるようにしておきましょう。現在飲んでいる薬があればそれも記入、もしくは医師に伝えますので、医薬品名も手帳などに書きとめておきます。通常、ボトックス注射はカウンセリングの後に行われるため、初めての場合は最初にカウンセリングの予約を入れましょう。ウェブか電話で申し込めますから、都合の良い方法で予約すればOKです。完全予約制の美容整形外科でも、キャンセルなどで予約枠が空くこともあるので、当日のカウンセリングや治療を希望する時は、電話で問い合わせてみてください。ボディラインは食事制限でスリムにできても、フェイスラインをダイエットでスマートにするのは困難を極めます。特にエラの張り出しは改善しにくいことで知られていますが、その原因は下顎を動かす筋肉の肥大にあるからです。この筋肉は咬筋と呼ばれており、そこへボトックスを注射すれば、半月から1か月程度で小顔になれるようになっています。注射だけでエラをスッキリできるのは、咬筋に力が入らないよう、ボトックスが作用してくれるためです。咬筋は脳の指示に従って動きますが、ボトックスにはその命令伝達をせき止める力がありますから、ボトックスを注入された咬筋は咀嚼中も動かなくなります。たくましい筋肉のアスリートも、現役を終えてトレーニングを止めれば常人の体形に戻っていくように、筋肉は使わなければしぼんでいくのが特徴です。これは廃用性萎縮効果という現象ですが、ボトックスの小顔施術も、この仕組みでエラをスマートにします。そのほか表情ジワの治療では、表情筋に注射して動きを抑えるため、表情を作ってもシワができません。

Copyright© 2018 顔や体のラインをボトックス治療でスリム化【主な人気の理由】 All Rights Reserved.